【ピンチョス チキート バスクバル】疑心暗鬼でピンチョス食べて白目になった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バスク8

おつかれさまですー。シアンですよ。どうも。

 

先日お友達から、松尾にあるピンチョス チキート バスクバル(PINTXO CHIQUITO BASQUE BAR)のレセプションへのお誘いをいただいたのですが急用の為に行かれず。

レセプションに参加した友人たちがSNSで発信している美味しかった自慢に我慢ならず、オープン5日目のランチタイムに行ってきました♪

バスバルクさんはピンチョスをメインとするスペインバル。(たぶん)

スペインバルの知識も無いし、ピンチョスについては一口大のパンに生ハムやアンチョビ乗っけて爪楊枝でぶっ刺されているお酒のつまみ的な位置づけで食べても食べても腹は膨れない料理ってくらいの知識しか無いワタス。

そんな知識しか無いのにピンチョスを楽しめるのか心配や。。。ドキドキ。

でもお友達の発信してた情報は美味しそう過ぎる物ばかりだったんだよな~。。。

って感じで、ピンチョスに対して疑心暗鬼な気持ちを抱きつつピンチョス チキート バスクバルさんでランチしてきたお話し、させてもらいますね!

 

れっつ!ピンチョス!!

 

スポンサーリンク

 

那覇市松尾のスペインバルにランチで初潜入

バスバルクさんの開店時間は11時。

ちょっと早めに着いちゃって、お店の前で待機です。

バスク1

そして、オープンと同時にGO!

パット見理解に時間がかかるランチメニュー。日本語で書いてほぴぃ。

バスク2

ピンチョス3つ+サラダドリンクのセットが1.200円。

同じ内容でピンチョスが4つは1,400円です。

セットにしなくてアラカルトでピンチョスをいただくこともできて、その場合は1ピンチョス280円なり。

お初のバスバルクさんはピンチョス3つのセットにしましたよ。

セットのドリンクはこちらから。英検4級なのでかろうじて理解できます。

バスク3

アルコールもありました。何なのか分からないけど。

アルコール飲みたいけど、車だったのでその代わりになるかと思いSparkling woter(炭酸水)をチョイス。

注文を済ませると、カウンターのショーケースに並んだピンチョスから好きな物を3つ選びますよ。

思ってたんと違うピンチョス

(。´・ω・)ん?

バスク4

(。´・ω・)あれ?

バスク6

(。´・ω・)おりょりょ?

バスク5

ピンチョス、私が思ってたんと全然違うなぁ。

もっとチマチマした一口オードブル的な感じかと思ってたけど。

しかも爪楊枝が刺さってるのは2種だけだったし。結構お食事寄りな感じもあり。

まぁ、ピンチョスでも色々あるのでしょうね。うん。

(たぶん)店主さんに並んでいるピンチョスの説明を丁寧にしてもらって3つ選んで席に戻りました。

際に届いたお水と炭酸水。

バスク7

DSC_7049

炭酸水がグラスの縁ぎりっぎりまで入っててジワる。これ、グラスを升とかに入れてこぼれ炭酸水で出したらいいんじゃないww

なんつってこの時まではバスクバルさんのピンチョスを甘く見てて、この後口の中が感動で満たされる事になろうとはこの時の私には知る由もなかったのでした…

まずはサラダがお届け

赤カブのドレッシング

バスク9

ドレッシングはほんのり甘くて穏やかな酸味とオリーブオイルの新鮮な香りが野菜の美味しさ引き立ててる!しらんけど。

野菜よりもドレッシングの味が立つ酸っぱすぎる手作りフレンチドレッシングが凄く苦手なんですが、バスクバルさんの手作りドレッシングは酸味は控えめで好き。

野菜好きな私的に、野菜の味をじゃましない絶妙な塩梅の甘味やオリーブオイルの香りがホント好み過ぎた。

ピンチョス1品目

サラダを食べ終わると先ほど選んだピンチョス登場。

スポンサーリンク

バゲットにレバーペーストといちじくの何かが乗ってるやつ。

バスク8

3つ一皿に出てくるのかと思ってたら、1品ずつ出てくるスタイルでした。

レバー大好きな私的にはレバーペーストとかあれば絶対外せないやつー。

ガリガリバリボリ硬いバゲットにアレコレ乗ってるスタイルは食べにくそうだなぁと思ったんですが、バゲット思いのほかサックリ軟らかくて思ってたんと違う。

冷めたお料理かと思ってたのですが、バゲットがほんのり温められていて『おぉ!』ってなりました。

レバーペーストの濃厚な香りと舌ざわり。あー美味しいやつー。ここでネットリ旨味が蔓延したお口の中に白ワインを流し込みたいところですが本日は生憎のソフトドリンク。

あぁ、、、残念だと思った瞬間に優しい甘さのいちじくの何かがレバーペーストとジワジワ混ざってお口の中で違う料理になった!

時間差で味が変わるので、ワインでリセットしなくても次の一口も新たに美味しく食べられたよ。

ヤダなにこれ、美味しすぎて理解できない。意味わかんない。恐い(笑)

無くならないでー!無くならないでー!!って思ってる間もなくお皿から消えて無くなりました。

続いてピンチョス2品目

ミーバイのケーキ

バスク10

ケーキと言っても甘くはないです。ミーバイはお魚ですね。沖縄の高級魚だよ。

お魚のテリーヌみたいな感じですね。

もうね、椅子から転げ落ちそうに美味しかった。美味しすぎて白目。

お塩とオリーブオイル部分だけで十分美味しいんだけど、オレンジ色のソース(オーロラソースっぽい)付けても鬼美味い。ケーキはシットリ濃厚なんだけど違うソースを交互に食べると飽きない。

え?は?なにこれ?お皿に残ったソース舐めてもいいですか?(やめなさい。

普段はうちなー食堂とかが主食の私には衝撃的すぎる美味しさでした。経験の無い美味しさで説明できない。この美味しさを説明する語彙のストックが無い。

私が説明できる一番の衝撃例えとしては『生まれてから主食がサツマイモだった人間が、40代で初めてまっ白艶々な炊き立て銀シャリを食べた時に感じる脳から幸せホルモンが噴き出て痺れる様な衝撃』でしょうか。(分かりずらい

最後に届けられたピンチョス3品目

新巻鮭のラップサンド

バスク11

生野菜と新巻鮭が巻き巻き。

正直味の想像は容易くて油断してた一品。メッチャ美味い。

食べてみて『サーモン』じゃなくて脂感の無い『新巻鮭』って所が納得な美味さでした。

鮭のアスタキサンチン的な美味しさ(?)が脂に邪魔される事無くダイレクトに舌に感じて「あー、鮭食べてる~」って嬉しい。

こちらも巻き巻きの皮がほんのり温かくて、この温度が味を広げているのかな?とも思う。

とても丁寧なお仕事だなって感動しましたよ。

バスクバルさんごちそうさまでしたまとめ

もうホント、3品とも飲み込むのがもったいないくらい美味しくてずっとモグモグしてたい。牛の様に反芻したい~!って感じでした。(やめなさい

ユックリ食べてたつもりですが、あっという間に3品ペロリと無くなってしまいました。

一口食べるたびに頬が緩んでニッコリしたいのですが、一人で食べていたのでニッコリを堪えるのが大変でしたよ。

鼻息だけはフガーフガーとしてましたが。美味しすぎて平常を装うの辛いピンチョスランチでした。

正直ピンチョスランチが1,200円って高すぎん?て思ってたんですが、食べた後には全然喜んで払えるお値段だわって納得のごちそうさまでした。

ホントにピンチョスなんかで美味しく満足できるのか疑心暗鬼な気持ちは木っ端みじんにぶっ飛びました。すいませんでした。土下座しますね。

 

ってか、なんなの?私が子育てで夜のホロホロ自粛している間に、私のお友達はこんな美味しい物食べながらお酒飲んで歩いてるの?凄い羨ましい~!!(泣

やー、子供の成長に一抹の寂しさを感じている私ですが、子供から手が離れる日が待ち遠しいと思えるお店(お料理)との出会いでした。

普段はビール党なんですが、珍しく白ワインが欲しくなりました。次回は必ず、お酒が飲める時にお邪魔したいなーって思いす!!

 

みんなも行った方がいいよ!感動した!!(笑

 

 

おしまい。

 

【追記】

今回ランチのお話しをさせてもらいましたが、あの後から少し状況が変わった様で。

噂によると3月いっぱいはランチ営業をお休みしているかもとのこと。

もし、ランチでご検討の方はお店に確認してみてくださいねー。

 

 

バスクバルさんの住所&地図はまだグーグルマップに反映されてなかったので、お隣のソメヤさんの住所乗っけておきますね。

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目6−18

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*