【花笠】うなぎたっぷり丼を那覇市松山の食堂で食べて胃がしんどくなった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花笠鰻1

おつかれさまでっすー。シアンです。

沖縄県の梅雨明け宣言はまだですが、それでもここ最近天気が良くて夏の近さを感じますね!

夏と言えば夏バテ!夏バテと言えばうーなーぎ!って、一人マジカルバナナでうなぎ食べたい欲がわきわき。

でもー、外食のうなぎはお高いイメージなんですよねー。

例えお手頃価格のうなぎメニューがあったとしても、量が少ないとかね。

なーんてウダウダしていました所那覇市松山にある食堂【お食事処 花笠】さんで山盛りうなぎ丼を1000円でいただけるという情報が風の便りで届きました!

これは行ってみなければって事でダッシで食べに行ってきましたよん!

うな丼だったんだけど、ホントにうなぎたっぷりで途中意識が飛びかけて危なかった。。。

一度の食事であんなにうなぎ食べたのは初めてかもー。。。

って事で、松山の食堂【花笠】でうなぎ丼モリモリ食べて胃がしんどくなったお話しをさせてもらいますね。

 

どーぞ!どーん!

 

スポンサーリンク

数量限定うなぎ丼1000円

店内入ってすぐ右手に券売機があります。

注文は券売機で発券して店員さんに渡すのですが、うなぎ丼は店員さんに直接注文&現金支払いでした。

お客は私一人だったんですが、15分くらいまっても出てこないうなぎ。。。

結構待たすな~って思ってから数分後、着丼でございますー。

どーん!

花笠鰻2

丼まぁまぁ大きめですよ。

はい、ぱかっと。

花笠鰻3

画像をご覧になってお分かりいただけただろうか。。。

うなぎ、思ってたよりもメッチャ乗ってるんです。

花笠鰻1

ごはんの上に薄切りのうなぎ、一口大のうなぎ、細く刻まれたうなぎ、そしてそれを覆い隠す様に大きくカットされたうなぎ。

色んなカットでたっぷりうなぎがごはんに乗ってましたんよ。

花笠鰻4

スポンサーリンク

どっさりうなぎ、切り方の違いで食感が変わって面白い。

うなぎのタレは甘すぎず~な感じ。

小骨が気になる部位もちょっとあったけど許容範囲内です。

一口大や大きくカットされたうなぎの切り方がふわふわで好みでした。

花笠鰻5

ただ、細切りのうなぎはなぜかボソボソ硬くてちょっぴり臭みが(汗。

ちょっと残念。

ってかうなぎの量がホントに多くて食べてる途中からうなぎの脂で疲れてきました。

そんな時はうなぎ丼を食べながら間に味噌汁や玉子焼きで箸休め。

花笠鰻6

熱々味噌汁で口をサッパリ。

卵焼きは少し出汁?とか入ってるのかしら?

油っぽいではなくて、妙にジュージーな玉子焼きでした。美味しい。

花笠鰻7

みそ汁や玉子焼きを間に入れながらうなぎ丼を食べ進めますが、半分くらいでかなりきつい!

量よりも。うなぎの脂にやられている感じ。。。

丼のごはんが先に無くならない様に気を付けて食べてたんですが、ごはんもっと欲しい。

美味しいけどー脂しんどいー!ひぃー!!って思いながら食べてました。

最後はもう意地で食べきり。

花笠鰻8

ごちそうさまでした。

食後はメッチャ胃がしんどくて、この日は夜ごはんパスでした。

シアンよ。。。半分残してテイクアウトすると言う事が出来なかったのかい?

みなさんも、途中厳しいなと思ったらテイクアウトおすすめでーす!

 

げふっぅ~。

 

 

おしまい!

 

〒900-0032 沖縄県那覇市松山2丁目22−4

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 豚じじい より:

    シアンさん
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    私も早速花笠さんへうなぎ食べてきました!
    流石の量でご飯が足りなかったので、券売機でライスの食券を買って、おかわりしたところ、ご飯のお代はいりませんとの事で100円返金していただきました。
    お腹もぱんぱんになり、店員さんの優しさに少しほっこりしました。
    また良いお店がありましたら紹介してください。楽しみにしてます。

    1. シアン より:

      豚じじいさん♪

      『豚じじい』って。。。
      ちょっと、お呼びするのを躊躇してしまうお名前ですがww

      ブログ読んでもらえてるの凄く嬉しいです。
      しかも花笠さんのうなぎも行かれたのですね(*´▽`*)
      店員さんも優しくて居心地の良い食堂ですよね。

      コメントまでいただけて
      ただの食べ歩き趣味ブログですが読んでもらえてる実感が湧いて
      心躍っちゃいました。(*´▽`*)ありがとうございます!

コメントを残す

*